なんで、ソバカスはできるの?

そばかすを対策するにあたって、そばかすができる原因やメカニズムがわかれば対策もしやすいのではないでしょうか?そこで、医学的な立場からシミができる原因などにつてご紹介しますので、あなたのシミ対策の参考にしてください。

お肌の構造について

シミができる原因とは

そばかすができてしまった場合の対処方法

皮膚科ではどのような治療が受けられる?

皮膚科でできるそばかす治療の1つにレーザーを使う方法があります。レーザー治療とは、そばかすに向けてレーザーを照射することで、肌の奥のメラニン色素を破壊させるもの。輪ゴムで弾かれるような痛みがあり、…

Read more

ソバカスに効くサプリってあるの?

顔にソバカスができたことを気にしている方はとても多いです。そのような場合には、ビタミンCを摂取する方法がおすすめです。その理由は、ビタミンCには老廃物を除去して、肌の新陳代謝を促進する効能があるか…

Read more

日常の注意点とは?

一度できてしまったそばかすは、普通のスキンケアだけで消すのは難しく、ピーリングやフォトフェイシャル、レーザー治療などで改善するしかありません。そばかすができてしまった時に最も気を付けなければいけな…

Read more

遺伝すると言われているそばかす

そばかすとは主に鼻や頬にできるメラニン色素による小さなシミで、雀卵斑とも呼ばれています。体にできることもあります。

シミができるメカニズム

どうしてシミ、そばかすができるの?

女性なら一度は悩んだことのあるシミやそばかす。気づいたらできていたり、一度出来ると中々消えなかったりと厄介ですよね。そんなシミやそばかすはなぜできてしまうのか?シミとそばかすは同じと思う人も多いかと思いますが、実はそれら二つは違うものなのです。なにが違うのかというと一番の決め手は二つのでき方によります。シミは紫外線によりシミの原因となるメラニン色素が生成され、その色素が蓄積されていった結果シミができます。一方そばかすはシミとは違い遺伝によってできる物質です。子供頃からそばかすの原因である褐色の斑紋は出来始めますが、それが大人になると濃くなりやすくなるのが特徴です。また紫外線を受けると悪化しやすくなるということもあります。

シミ、そばかすを予防するには?

できないに越したことはありませんがシミやそばかすが全くない人は少ないかと思います。それではどうしたらそのシミやそばかすは予防できるのでしょうか。シミやそばかすができにくくなるようにするにはメラニン色素が過剰に生成されないようにすることです。紫外線を浴びるとメラニン色素はどんどん生成されていってしまい、気づいたらシミやそばかすが顔にできていた、なんてなとになってしまいます。その為にも日頃からの紫外線対策は大切です。日焼け止めを塗ったりUVカットの効果がある物を着用する等してお肌の大敵を防ぎましょう。しかしそばかすは遺伝的な要素があるため完全には予防できないのが特徴です。その為できてしまったら症状を悪化させないことが大切です。