お肌の構造について

シミとそばかすの違い

女性の肌の悩みで「シミ」と「そばかす」はよく登場しますよね。しかしなぜ名前が違うのだろうと、考えたことはありませんか。実はできる時期や場所によるちょっとした違いがあります。
まず紫外線の影響でできる一般的な「シミ」は、「老人性色素斑」の通称で呼ばれるものです。早ければ20代、多くは40代以降に頬の高い部分や手、背中など、紫外線が当たる部分に多く現れます。発生当初は薄い茶色ですが、次第に濃くはっきりとしてきます。そのまま何年も放っておくと、隆起してくる場合もあります。
そして「そばかす」は、「雀卵斑」の通称で呼ばれるものです。10代の頃から鼻を中心に左右対称に散らばるようにできる、直径3~5mm程度の小さなシミの一種です。紫外線の影響を受けるよりも、多くは遺伝的な傾向が強いです。

そばかすを濃くさせないために

そばかすのできる原因として、一番に挙げられるのは遺伝的な影響です。親からの遺伝に対策は立てられないので、できてしまったそばかすの対処法としては光治療が一般的です。
しかし、もちろん紫外線によって、そばかすができる場合もあります。また紫外線の影響で濃くなることがあります。なのでシミ対策と同じような適切なケアが必要です。
まず紫外線対策を怠ることなく、毎日の生活習慣を今一度見直すようにしましょう。特に、効果的なビタミンCを体の内外から積極的に取り入れることをおすすめします。そして、できるだけストレスを抱え込まず、規則正しい食生活を送ること、さらに、美白ケアはたっぷりの保湿を心がけるなどで、輝くような白肌を目指しましょう。